東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


骨格の歪みがあるとどうなるのか?

あなたは整体治療でこんな間違いしていませんか?


歪み.jpg
たとえば歪んだ家があるとします
この家の窓やドアはスムーズに開閉できるでしょうか?

おそらく、ひっかかったり閉まりきらなかったりするでしょう。

あなたはどこから修理を行いますか?
窓ですか?ドアですか?それとも、歪んでいる家からでしょうか?

もし、お金がかかるからといって、土台を修理せずに窓から修理したとすると
その時は窓の開閉がスムーズになったとしても

家は歪んだままなので、年月がたてばもっと家が歪んで傾いてくる可能性があります。
そうなればまた窓は開閉しにくくなるでしょう。

ではまた同じように窓だけの修理を繰り返していきますか?

カラダが歪んだ結果出ている症状ばかりを追って治していては
その間に土台は崩れ、やがて家は倒れてしまうかもしれません
しかし、家の土台の歪みから修理すると、窓やドアはスムーズに動くようになります。

家がまっすぐになると いずれ歪むにしても、長い年月がかかるでしょう。
 

つまり骨の変形の進み具合や内臓への負担などが年月が経てばたつほど差がでていくということになります。

骨格のゆがみ.jpg
~では、身体に置き換えて考えてみましょう~
身体が歪んでくると、206個ある骨と骨の間(関節)がきしんできます。その結果、あちこちに負担がかかり、痛みやしびれ、筋肉の緊張、だるさ等が起こってきます。その症状が先ほど述べた窓やドアの不調にあたります。その症状を止めるために、窓やドアを修理するように、単なるマッサージや電気などをしたり、痛み止めを飲んだりすると、その時は楽になりますがその状態を続けていくと、やがて家のように倒れて動けなくなるかもしれません。

しかし、その症状の原因である身体の歪みを治すことによって症状は改善していきます。そして、家の修理をするように新しい木材に交換することはできないためひどく変形してしまった骨を元通りにはできませんが、

骨には「ウォルフの法則」というものがあり、

ドイツの解剖学者、Julius Wolff(1836~1902年)は

「正常にせよ、異常にせよ、はそれに加わる力に抵抗するのに最も適した構造を発達させる」

といっています。つまり、骨にかかる圧の方向やチカラ加減にあわせて骨は変形していくということです。
ですから、カラダが歪んでいれば歪んでいるなりに骨は変形していくし、いったん歪んで崩れていても
重力に対して生理的に良い骨格、良い関節の位置の状態にきちんと長い事置いておけばある程度、
骨自身の変形も改善できるということです。

言い換えますと、骨が変形した状態でもあなたにとっていちばん負担がかからない状態まで治療することができると・・・ 
骨の変形するスピードは格段に遅くなっていき、膝関節などでいえば、関節を本来の正常な位置に戻してあげることで変形が収まっていくということも普通にあるということです。

ですから目先の症状にとらわれずに原因から解決する治療を行いましょう。

骨盤骨格矯正.jpg
では、生理的に良い骨格とはどういう状態なのか?

あなたは整体治療でこんな間違いしていませんか?

歪み.jpg
たとえば歪んだ家があるとします
この家の窓やドアはスムーズに開閉できるでしょうか?

おそらく、ひっかかったり閉まりきらなかったりするでしょう。

あなたはどこから修理を行いますか?
窓ですか?ドアですか?それとも、歪んでいる家からでしょうか?

もし、お金がかかるからといって、土台を修理せずに窓から修理したとすると
その時は窓の開閉がスムーズになったとしても

家は歪んだままなので、年月がたてばもっと家が歪んで傾いてくる可能性があります。
そうなればまた窓は開閉しにくくなるでしょう。

ではまた同じように窓だけの修理を繰り返していきますか?

カラダが歪んだ結果出ている症状ばかりを追って治していては
その間に土台は崩れ、やがて家は倒れてしまうかもしれません
しかし、家の土台の歪みから修理すると、窓やドアはスムーズに動くようになります。

家がまっすぐになると いずれ歪むにしても、長い年月がかかるでしょう。
 

つまり骨の変形の進み具合や内臓への負担などが年月が経てばたつほど差がでていくということになります。

骨格のゆがみ.jpg
~では、身体に置き換えて考えてみましょう~
身体が歪んでくると、206個ある骨と骨の間(関節)がきしんできます。その結果、あちこちに負担がかかり、痛みやしびれ、筋肉の緊張、だるさ等が起こってきます。その症状が先ほど述べた窓やドアの不調にあたります。その症状を止めるために、窓やドアを修理するように、単なるマッサージや電気などをしたり、痛み止めを飲んだりすると、その時は楽になりますがその状態を続けていくと、やがて家のように倒れて動けなくなるかもしれません。

しかし、その症状の原因である身体の歪みを治すことによって症状は改善していきます。そして、家の修理をするように新しい木材に交換することはできないためひどく変形してしまった骨を元通りにはできませんが、

骨には「ウォルフの法則」というものがあり、

ドイツの解剖学者、Julius Wolff(1836~1902年)は

「正常にせよ、異常にせよ、はそれに加わる力に抵抗するのに最も適した構造を発達させる」

といっています。つまり、骨にかかる圧の方向やチカラ加減にあわせて骨は変形していくということです。
ですから、カラダが歪んでいれば歪んでいるなりに骨は変形していくし、いったん歪んで崩れていても
重力に対して生理的に良い骨格、良い関節の位置の状態にきちんと長い事置いておけばある程度、
骨自身の変形も改善できるということです。

言い換えますと、骨が変形した状態でもあなたにとっていちばん負担がかからない状態まで治療することができると・・・ 
骨の変形するスピードは格段に遅くなっていき、膝関節などでいえば、関節を本来の正常な位置に戻してあげることで変形が収まっていくということも普通にあるということです。

ですから目先の症状にとらわれずに原因から解決する治療を行いましょう。

骨盤骨格矯正.jpg
では、生理的に良い骨格とはどういう状態なのか?

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ