東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


坐骨神経痛の原因はどこにあるのか?

坐骨神経痛は痛みのある部位に異常があるとは限らない

「坐骨神経痛」は病名と思っている人がいるのですが、じつは症状の名前なのです。坐骨神経は腰から出てお尻から太ももの後面を通り、足へ向かって伸びている神経で、下肢の知覚や運動を司っています。
何らかの原因でこの神経が障害されて起こるのが坐骨神経痛で、神経の走行に沿って症状が現れます。

お尻から太ももの後面へと走るような痛みであれば、まず坐骨神経痛と考えられます。しびれを伴うこともよくあります。初期の軽症のうちはお尻の痛みと感じる人もいます。痛みやしびればかりでなく、麻痺が現れたり、歩行障害が起こることもあります。

こうした症状が現れているのは脚であっても、その原因が脚にあるとは限りません。じつは坐骨神経痛の多くは腰に原因があるからです。

坐骨神経痛の原因の多くは腰部の椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症によって起こる


坐骨神経痛の原因となる病気は下段のようにいろいろありますが、最も多いのは、坐骨神経が出ている腰椎の病気です。

座骨神経痛の原因となる病気

腰椎の病気・・・椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変性・分離すべり症、変性側弯症など

神経の腫瘍・・・神経鞘腫、上衣細胞腫など

坐骨神経の障害・・・帯状疱疹、梨状筋症候群、種々の神経炎など

骨盤内臓器(子宮、大腸、膀胱など)の腫瘍

その他・・・変形性股関節症でも似た痛みが起こることがある


中高年の脊柱管狭窄症が増えている

坐骨神経痛を起こす病気としては腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症が代表的です。
椎間板ヘルニアは腰椎の(加齢変化もしくは姿勢不良)による病気のなかでは若い年代からみられ、働き盛りを悩ます坐骨神経痛の代表的な原因となっています。

一方、腰部脊柱管狭窄症は、中高年の坐骨神経痛を起こす原因として近年知られるようになった病気で、50才頃から急増します。変性すべり症によるものや変性側弯症によるものなども含まれ、高齢になるほど原因も多様です。社会の高齢化とともに増え、高齢者が歩けなくなる大きな原因となっています。

整骨院や鍼灸院など、どこへいっても痛みが改善しなかった方はいつでもお気軽にご相談ください。

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ