東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


ぎっくり腰(急性腰痛症)はなぜ起こるのか?

こんにちは
大阪の整体 力新堂治療院の鈴木です


急に強い腰の痛みが起こる「急性腰痛」の代表的なものが、いわゆる「ギックリ腰」です。多くは不意にまえかがみになったり腰をひねったりする動作が引き金になって起こり、突然、腰に激痛がおこります。重いものを持ち上げたときに起こる事もありますが、ささいなきっかけで起こる事が多く、中には思い当たるきっかけがないという人もいます。

昔から”魔女の一撃”といわれるほど痛みは激烈で、ひどい場合はその場で動けなくなります。
原因としては、腰椎の椎間関節のねんざをはじめ、筋肉、筋肉を包んでいる筋膜、靭帯、椎間関節などのさまざまな問題が考えられますが、ぎっくり腰では検査をしても明らかな原因はみつかりません。ただ、症状は激しくても、大抵は自然によくなります。

安静は短期間にとどめて早く日常生活にもどることが大事

ぎっくり腰が起こった直後、激しい痛みで動けないときは、まずは一番楽な姿勢をとって安静にします。
しかし、最近では、安静が長引くとかえって治りが遅れ、むしろ動いた方が早く回復することが、多くの研究から明らかになっています。

発症直後は、痛み止めの薬を使い、激痛をおして無理に動く必要はありませんが、大抵2〜3日もすると痛みが少しやわらいできます。無理のない範囲でなるべく動くようにして、徐々に普段の生活に戻していきましょう。
通常であれば1週間もすれば、ほぼ普段の生活に戻れるでしょう。

ぎっくり腰であれば、ほとんどは1ヶ月以内に治ります。あまり長引くようなら、他の原因を疑う必要もあります。急に起こる腰痛はぎっくり腰だけではありません。背骨の病気に限らず、婦人科や泌尿器科の病気(尿路結石など)消化器の病気で急性腰痛が現れることもあります。

安静にしても痛みが軽くなる姿勢がない、発熱を伴う、冷や汗が出るといった場合は、他の危険な病気の症状として腰痛が現れている疑いがあります。その場合はなるべく早くお医者さんを受診してください。
また、骨粗しょう症のある高齢者さんでは、くしゃみをした程度や物を持っただけでも背骨の圧迫骨折がおこり、急激な腰痛が現れて、ぎっくり腰と紛らわしい場合がありますので要注意です。

ぎっくり腰が治らずに慢性化することはありませんが、再発することはあります。
ぎっくり腰が起こる背景には、腰椎を支える筋肉や椎間関節などがトラブルを起こしやすい状態になっていることが考えられます。繰り返す人は、日常の姿勢や動作を根本から切り替えていく事が必要になります。

鍼灸院・整骨院や整体・病院 どこへいっても何度も繰り返してしまう方はお気軽にご連絡ください。

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ