東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアの代表的な症状は、急性の強い腰痛と、脚の痛みやシビレです。前かがみになったり物を持ったりして、椎間板の内圧が高まると、後方の神経への圧迫・刺激が増して、刺激が強くなるのが特徴です。
ヘルニアは第4腰椎と第5腰椎の間や、第5腰椎と仙椎の間に多く生じますが、ここから出ている神経は坐骨神経を形成しているため、椎間板ヘルニアではしばしば坐骨神経痛が起こります。お尻から脚の後ろ側へ走るような痛みやしびれが典型的で、多くは左右の片側に現れます。坐骨神経には運動神経も含まれるので、脚の脱力感や運動障害が現れることもあります。

また、ときにヘルニアが脊髄の末端に続く「馬尾」という神経まで障害することがあります
(※馬尾障害・・・腰椎上部から下の脊柱管には脊髄に出入りする多数の神経の束が通っています。これが馬尾で、障害されると、両脚のしびれや麻痺、排泄障害など、広い範囲に多様な症状が現れます)
こうなると両側の感覚や運動、排泄機能にも影響が及びます。排尿の異常が現れるようになったら重症です。
ぎっくり腰と誓って慢性的な経過をたどることが多いのですが、ヘルニアが自然に吸収されれば症状もなくなル場合もあります。しかし、ヘルニアが出ざるを得なかった原因は排除されないままなので一時的によくても年月が経てばまた症状がひどくなって出てくる場合もあります。

画像にヘルニアがあっても症状の原因とは限らないのはなぜか?

激しい腰痛や坐骨神経痛があって整形外科を受診すれば、大抵レントゲン検査は行われますが、レントゲンでは骨は写せても、椎間板や神経は写りません。そのため椎間板ヘルニアの診断では、椎間板や神経の状態が調べられるMRI検査が重要になります。

ただし、MRIの画像でヘルニアが見られたとしても、それだけで腰痛や坐骨神経痛などを起こしている原因とは決まりません。近年の研究では、椎間板ヘルニアの患者さんとそうでない人を対象に画像検査をしたら、患者でない人たちの8割近くにも画像上はヘルニアが見られたという報告もあります。

つまり、ヘルニアがあっても症状が出ない人がたくさんいるということです。逆にいえば、画像で見られたヘルニアを取り除いても、それで苦痛を取り除けるとは限らないということです。

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ