東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


マッサージのし過ぎが肩こり悪化の大きな要因

 「岩でも入っているのか?」と思うほど硬くなった肩こり。このヒドい肩こり、どうしたら解消できると思いますか?人間の心理としては、硬いものをほぐすには、ちからいっぱい押す、痛いくらいに揉みほぐす!と思うかもしれません。ですが、いくら硬いといっても、それは人間の筋肉です。本物の硬い岩を砕くのであれば、岩が砕け散るほどの強力なパワーが必要ですが、それと同じ発想で人間の体に向き合ってはいけません。壊れてしまいます!
 
私は、実際に首や肩周り、背中などの筋肉を痛めてしまった人にお目にかかり相談を受ける機会が多くあります。筋肉を傷めてしまった皆さんが、よくお話してくださる内容には、共通したものがあります。
「こんなにヒドい肩こりはめったにない!とマッサージ屋さんに言われたので、肩と首を中心に長い時間をかけてたっぷりとマッサージしてもらいました。」
「とにかく肩がガチガチでヒドく凝っているので、強い力でほぐされないと、全然効果がない気がします。」 
「マッサージで押されてものすごく痛かったけど、ガマンしないと効果がないと思ってガマンしました。」
というものです。この3点は、強いマッサージやたっぷり時間をかけたマッサージを受けて痛めた人に多いセリフです。どれもやはり、硬いものに対しては、強い力を持って制すべき、と思っているようです。そして、長い時間をかけて揉みほぐせば、硬いものは柔らかくなるだろうと。確かに、時間をかければほぐれる場合もあります。ですが、難しいのは、肩こりは、時間をかければ改善されるような単純なものではないということです。もし、時間をかけさえすれば治ってしまうのであれば、こんなにも肩こり人口が多いままであるはずがないと思います。
そして、もうひとつ気をつけて欲しいのが、肩こりを解消するなら、施術では「忍耐」あるのみという思い込みです。肩こりの硬い部分をほぐすのだから、痛くて当然だろう、その痛みに耐えてこそ、マッサージの終了後には、肩こり卒業という待ち望んだ健康体が手に入るのだ!と思っている人がまだ多いように感じるのです。ですが、これらは、すべて思い込みです。肩こりというとてもツライ症状に耐えてきたのですから、肩こり解消のために、さらなる痛みに耐える必要はないのです。それどころか、肩のコリをほぐされて「痛い!でもガマン!ツライけどガマン!」とガマンを重ねるたびに、肩こりの筋肉はどんどん緊張を増していき、マッサージを始めたころよりも、どんどん筋肉が硬くなっていくといった現象が起こってしまいます。どうしてだかわかりますか?耐えたりガマンしたりすることから体を守ろうと、防御反応を起こし、筋肉がさらに強張ってしまうからです。
 
そもそも肩が凝るということは、日常生活において肩の力が抜けないほど、あなたが耐えてガマンを重ねてきたことの表れです。ですから、コリをほぐすときくらいは、耐えてガマンするのはやめましょう。肩のコリが本当にほぐれるというときは、あなたが心地良さを感じてゆったりとした気持ちでいる状態でなければならないのです。

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ