東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


頚椎ヘルニアになぜなってしまうのか?

大阪のヘルニアに強い整体
力新堂治療院の鈴木です

頚椎の変形などによって起こる首の病気には、頚椎症のほか、頚椎椎間板ヘルニア、頚部脊柱管狭窄症、後縦靭帯骨化症などがあります。 

これらの病気は、頚椎症と症状がよく似ていますが、発症する原因や起こるしくみには微妙な違いがあります。以下、それぞれの特徴や改善法を説明しましょう。

頚椎椎間板ヘルニア
頚椎椎間板ヘルニア(以下、頚椎ヘルニア)は、頚椎を構成する椎骨と椎骨の間にある椎間板という軟骨組織の変性(性質が変化すること)に伴って起こります。
椎間板は中心に髄核というゼリー状の組織があり、その周囲を線維輪という丈夫な組織が取り巻く2重構造になっています。ところが、椎間板は20代半ばから老化が始まり、少しずつ変性して弾力性が失われていきます。

そして、その過程で首に大きな負担がかかると、線維輪に亀裂が入り、髄核が外にはみ出てしまいます。
このはみ出た髄核によって脊髄(背骨の中を通る神経の束)や、そこから枝分かれした神経根が圧迫されると、さまざまな症状が現れますが、どこが圧迫されるかによって症状は異なります。

神経根が圧迫された場合は、首や肩の強い痛みに加えて、腕の痛み・脱力感・指先のしびれなどが出ます。一方、脊髄が圧迫されると、首や肩の強い痛みやこり、手や足のしびれ・マヒが生じます。重症化すると、歩行障害や排尿・排便障害を招くこともあります。

このように頚椎ヘルニアは、頚椎症の神経根症や脊髄症と似た症状が起こります。頚椎症は加齢による組織の変形・変性で起こりますが頚椎ヘルニアもその一連の中で起こるのです。

実際、頚椎ヘルニアは頚椎症と合併して起こる事がよくあります。頚椎症と頚椎ヘルニアは、MRI(磁気共鳴断層画像)などの画像検査で判別されます。

頚椎症は高齢になるほど発症しやすいのですが、頚椎ヘルニアは30代後半から50代の人、特に働き盛りの男性に多く起こります。しかし、頚椎症と違って、頚椎ヘルニアの場合は、首に負担をかけない動作や姿勢などを心がけることで自然に痛みやしびれなどはとれますが、それが本質的な解決になっているわけではないのです。

ですから、治療院にこられるヘルニアの方に多いのが、始めのうちは数日間で痛みやシビレがとれたのが、段々ととれなくなってきたという方が多く、実は骨の変形や椎間板の変性を起こす原因を取り除くことなく年月が経って進んでいってしまったという事です。

整形外科でヘルニアと診断され、手術か悩んでいる、もしくは色々行ってみたが改善しない
という方はいつでもお気軽にご相談ください。
 

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ