東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


脊柱管狭窄症は手術をしても痛みがのこる?

こんにちは
大阪のヘルニアに強い整体
力新堂治療院の鈴木です

狭窄症の根治療法は手術と言われているが、8割はシビレが残り、再発も起こるため緊急時以外は避けるのが賢明

一般身、薬物療法や神経ブロック注射(神経の周囲に麻酔薬を注射する方法)などの保存療法(手術以外の治療法)を3〜7ヶ月続けても、腰部脊柱管狭窄症の症状に改善がみられず、日常生活に支障がある場合は、手術が検討されます。手術は、狭くなった脊柱管を物理的に広げて神経の圧迫を取り除くので、根本的な治療になりえます。

特に馬尾(脊髄の末端にある抹消神経の束)が圧迫されて、下垂足(足首から先の部分が上がらずに垂れ下がった状態)などのマヒ症状や排尿・排便障害がある場合は、早急に手術を検討すべきです。こうした障害は保存療法では改善が見込めず、長期に及ぶほど、手術をしても症状ののこる可能性が高まるからです。

また、10分(距離に換算すると500メートル程度)続けて歩けないような重度な間欠性跛行(コマ切れにしか歩けなくなる症状)がある場合も、日常生活に支障をきたすので手術をすすめられることが多いようです。

ただし、いくら根治療法といっても、手術も万能ではありません。なぜならば、そもそもなぜその場所の脊柱管に狭窄が起こらなければならなかったのか?変形が起こらざるをえなかったのか?姿勢や動作不良からくる原因がひとつも解決なされていないからです。ですから、せっかく手術をしたのに2〜3年後にまた別の場所で狭窄がおこってしまったり痛みシビレがきつくなるということはよくある話です。

「腰部脊柱管狭窄症ガイドライン」によると、手術によって間欠性跛行の改善は期待できるものの、約8割もの人で下肢(足)にシビレが残るとされています。

また、手術を受けていったんは症状がよくなっても、その後、再発する例も多くみられます。実際、手術を行えば術後4〜5年は7〜8割の人が良好な状態を保てるものの、それ以上長期に及ぶと手術による効果が低下するということが、先の「腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン」でも報告されています。

この他、手術では一定の確率で合併症が起こりうる事も忘れてはいけません。こうしたことから、手術を受けるかどうかの判断は慎重に行うべきでしょう。

病院や鍼灸・整体・整骨院など様々な療法を受けてきたけども改善しないという方は
いつでもお気軽にご相談ください。

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ