東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


椎間板ヘルニアと坐骨神経に関する背骨の話し

人間の背骨は、24個の椎骨が連なっています。
この椎骨と椎骨の間には、クッションとなる椎間板が挟まれているのです。
椎間板は軟骨の一種で、硬い線維輪と呼ばれる周囲が内部の髄核を包んでいます。
椎間板ヘルニアとは、この硬い線維輪に亀裂が生じ、中にある髄核がそこから飛び出てしまう状態のことを言います。
この飛び出した部分が神経を圧迫するため、激しい痛みなどの症状が現れるのです。
 
椎間板ヘルニアに伴う症状に、坐骨神経痛があります。
坐骨神経痛とは、臀部から足にかけて痛みやしびれが起こり、重症の場合には歩行困難などの症状が現れるものです。
この他、椎間板ヘルニアの症状としては、冷感や筋力の低下、尿がしづらい(排尿困難)等があります。
この病気の原因で最も多いのは、日常の動作で背骨に大きな負担がかかったことによるものです。
たとえば、ゴルフのスイングで腰を強くひねった、中腰の状態で重い荷物を持った、長時間腰に負担のかかる姿勢でいた等があった時、または何度か繰り返していた時などに起こりやすくなるとされています。
ただ、比較的若い頃はこうした状態であってもヘルニアになることはあまりありませんが、加齢が進むと椎間板は弾力性がなくなることから、中年以降は特に注意が必要です。
もう1つ最近特に多くなってきた原因が、姿勢の悪さからくる背骨の歪みによるものです。
デスクワークの多い現代人は、どうしても姿勢が悪くなりがちです。
こうしたままだと背骨や骨盤にズレや歪みが生じ、それが負担となってヘルニアを起こすのです。
椎間板ヘルニアの治療のまず最初の一歩は、安静にし体にとってラクな姿勢でいることです。
こうして炎症を起こしている患部を落ち着かせます。
もちろん、医師の診察を受けることも肝心です。
椎間板ヘルニアの治療には炎症鎮痛剤が用いられますので、それを使って様子を見ます。
しかし、重度の場合はこれだけでは効かないこともあります。
こうした場合は、神経ブロックなどの注射で痛みを取る方法が取られます。
ただし、病院では慢性化して常に症状が起きている、または排尿障害や筋力の低下が見られる場合は、手術の選択も迫られます。
手術は、内視鏡によるによるものやレーザーによるものなどいくつかの方法が用意されていますが、
いくら手術や安静にして痛みがひいたからといって
本質的な原因である背骨の歪みや骨盤の歪み、そして頭蓋骨の歪みは解決されておらず、さらに崩れているヘルニアを起こす運動パターンも改善されておりませんので
また年月を経て骨の変性とともに更にきつくなって繰り返すということになってきます。

本質的に椎間板ヘルニアを解決して、やりたいことをやれるカラダになりたい方はいつでもご連絡くださいませ!

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ