東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


坐骨神経痛はなぜ起こるのか?

大阪の力新堂治療院 鈴木です

腰の痛みで多いのが「坐骨神経痛」です。背骨の中には脳から伸びるさまざまな神経が通っていますが、そのうち骨盤から脚に向かう神経が「坐骨神経」です。その坐骨神経が何らかの原因で傷害されて起こるのが、坐骨神経痛です。


坐骨神経痛の原因は、お尻にあります。

お尻の奥には小さな筋肉がいくつかあるのですが、その一つに「梨状筋」があります。歩いたり走ったりする時につねに使われる筋肉ですが、深層部にあるインナーマッスルなのであまり意識できません。そのため、意識せずに酷使していると、梨状筋が硬くなってしまいます。

 

梨状筋が硬くなると、すぐそばを通っている坐骨神経を圧迫して、坐骨神経痛を発症します。これを「梨状筋症候群」といいます。

 

梨状筋症候群かどうかは「ラセーグ・テスト」というカンタンなテストでチェックできます。仰向けでやるものと椅子に座ってやるものがありますが、仰向けのものは、脚を伸ばしたまま片脚をあげ、お尻から脚にかけて痛みやしびれを感じる場合、梨状筋症候群または腰椎ヘルニアを疑います。

当院でもよくある例が、ランナーさんなどで坐骨神経痛とお医者さんで診断されたけれども
痛みがひかずに来院される方が多くおられます。
多くは、お尻の問題というよりは猫背などの姿勢不良や体幹の弱さであったりすることがおおいのが実際です。

話はもどりますが、梨状筋症候群のテストで椅子に座ってのものは、首を前に曲げた状態で、つま先をヒザのほうに曲げたまま、脚をまっすぐ上げたときに同様の痛みを感じる場合、梨状筋症候群を疑います。また、女性は子宮内膜症など婦人科系の病気で梨状筋が硬くなることもあります。梨状筋症候群の疑いがあるなら、念のために婦人科検診を受けていただくこともおすすめします。

坐骨神経痛と言われてマッサージをうけたりしても痛みやしびれが引かない場合は腰椎ヘルニアの場合もあったりしますので、その時はMRIの受診などをおすすめいたします。

鍼やマッサージ・整体など、なにをやっても改善しないという場合はいつでもお気軽にご相談ください。

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ