東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


猫背は不妊に関係する?

首の前すべり猫背だと肺や心臓、
胃腸まで圧迫されて動悸・息切れ・
高血圧・胃痛・便秘が激増
 
首の前すべり猫背が招く
病気は実に多様

首の前すべり猫背に陥ると、しだいに背骨にもともと備わるS字カーブが消えて前かがみ姿勢、いわゆるネコ背になる人が多いものです。こうした頭が前に出る前かがみ姿勢は関節疾患だけでなく内臓にも害を及ぼし、動悸や息切れ、胃痛や便秘などの胃腸関係の病気、さらに婦人科疾患や感染症、高血圧まで招く原因となります。
よくご存じのとおり、肺や心臓、胃腸、子宮など、内臓のほとんどは胸部や腹部に収まっています。つまり、前かがみの姿勢で背中が丸まると反対に胸部や腹部が縮こまり、中に収まるこれらの内臓が圧迫されてしまうのです。
例えば、アゴが前に出た首の前すべり猫背による前かがみ姿勢で肺が圧迫されると、無意識ながら日常の呼吸が浅くなり、酸素供給量が減ります。そうすると息切れしやすくなるばかりか、慢性疲労や免疫力(病原体から体を守る力)の低下も起こり始めます。
慢性疲労に陥ると体を動かす機会が減り、糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病を発症しやすくなります免疫力が低下すれば、高齢者にとって怖い肺炎やインフルエンザなどの感染症にかかる危険も大きくなります
酸素不足は脂肪の燃焼を妨げ、肥満を招く原因になります。また、全身の血流も滞りやすくなり、高血圧発症のリスクも高まります。
同様に前かがみ姿勢で心臓が圧迫されれば動悸や不整脈が、胃や腸が圧迫されれば胃痛や消化不良、便秘、下痢などが誘発されます。女性の場合は子宮や卵巣の血流が滞って冷え、子宮筋腫や卵巣のう腫なども起こりやすくなると考えられます。
首の前すべり猫背が原因で引き起こされる病気や体調不良の多さには驚かされるばかりです。
それではこれから首の前すべり猫背で引き起こされる症状を上げていきたいと思います。

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ