東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


変形性膝関節症の手術をしても改善しない理由

Q変形性膝関節症の手術についての疑問
医師から手術をすすめられました。
ひざ痛の手術には
いくつか種類があるそうですが
どのように選ぶべきですか?
 

変形性()関節では、保存療法で症状が改善せず生活に著しい支障がある場合、手術を検討します。変形性膝関節症の手術には、大きく分けて関節鏡手術、高位(けい)骨骨切り術、人工関節置換術の三種があります。
  1. 関節鏡手術関節専用の内視鏡(関節鏡)を活用し、こすれ落ちた軟骨や断裂した半月板(ひざにかかる負担を軽減する三日月状の軟骨)などを取り除く手術。
  2. 高位脛骨骨切り術脛骨(すねの骨)の一部を斬って角度を調整し、ひざ痛の原因となっているO()脚を正す手術。
  3. 人工関節置換術膝関節を人工関節に置き換える手術。関節のすべてを換える「全置換術」と部分的に換える「単顆()片側置換術」の二種類がある。

これらの手術のうち、重症度で分類すると、軽度、中等度では関節鏡手術、中等度の場合は高位脛骨骨切り術、重度の場合は人工関節置換術を用いるのが一応の目安です。とはいえ、これらの手術は、体にかかる負担、入院期間、期待できる効果、適した年齢が異なります。そのため、一概にどの手術が適しているかを決めることはできません。
手術を選ぶときに大切なのは、患者さんが自分の仕事・生活の事情を十分に考慮することです。「早く仕事に復帰したい」「旅行やスポーツを楽しみたい」「高齢なので家や近所で不自由なく生活できればいい」など、患者さんによって、術後の生活で何を重視するかはさまざまです。そのため、手術を受けるさいは、主治医とよく相談して適切な手術を選ぶようにしてほしいと思います。
 
Q手術についての疑問
関節鏡手術は負担で
傷口も小さいと聞きましたが、
どんな人に向いていますか?
 

関節鏡手術は、ひざの周辺に一センチ程度の傷口を二、三ヵ所開けて関節鏡を挿入し、炎症の原因となっているこすれ落ちた軟骨や断裂した半月板(ひざにかかる負担を軽減する三日月状の軟骨)などを取り除いてひざの痛みを改善する手術です。
この手術は、一般的には変形が軽減・中等度の患者さんに行われます。また、滑膜の炎症が強く、ひざに水がたまる人や、半月板の損傷・関節内遊離体(関節ねずみ)があり、ひざ痛の原因がはっきりしている人などに特に有効です。
関節鏡手術は切開が小さくてすむので、体への負担が少ないのが大きな利点です。そのため、手術の翌日から歩け、二~三週間後には通常の生活に戻れます。ちなみに、手術後、六カ月以上にわたり痛みが除かれていれば、除痛効果が長く持続するといわれています。
また、糖尿病や心臓病などがあり、大がかりな手術を行えない患者さんにも適応できます。なお、年齢制限は特にありませんが、七十歳以下の比較的若い人に適していると考えられています。
ただし、重度の変形性膝関節症には効果が得られにくいので、適応には制限があります。
 
Q手術についての疑問
ひざ痛の手術の骨切り術に
術後の回復が早い新方式がある
と聞きました。どんな手術ですか?
 

高位(けい)骨骨切り術(以下、骨切り術)は、脛骨(すねの骨)の一部を切除して角度を調整し、ひざ痛の原因となっているO脚を矯正する手術です。従来は、手術のさいに()骨(脛骨の外側にあるすねの骨)を部分的に切除する必要があったのですが、このときに神経や血管を損傷する可能性があり、問題視されていました。
また、手術後の切った骨がしっかりとくっつき、ひざに体重をかけて歩けるようになるまで、通常、二ヶ月半ほどかかるという難点もありました。そのため、高齢者ではその間に筋力が低下したり、骨が弱って骨粗鬆症(こつそしょうしょう)が進んだりして、かえって体に悪影響を及ぼす恐れがあったのです。
そこで最近、より小さな傷口ですみ、手術後の回復も早い新方式の骨切り術が行われるようになっています。新方式の骨切り術は、脛骨の内側から斜めに斬り込みを入れ、骨の外側の部分(骨皮質)をつなげた状態で切除部分を徐々に開き、O脚の変形を矯正します。広げた部分には(くさび)状の人工骨(トリリン酸カルシウム)を挿入し、チタン製のプレートで固定します。
新方式の骨切り術の大きな利点は、腓骨の部分切除が不要なので、神経や血管を損傷する心配が極めて少ないことです。また、手術後は早期の筋力の回復が期待でき、一週間ほどで体重をかけられるようになります。さらに、人工関節置換術と違って自分のひざが残せるので、正座やスポーツを行えるようになる患者さんも少なくありません。
 
Q手術についての疑問
傷口が小さい低負担の人工ひざ
関節手術があると聞きました。
くわしく教えてください。
 

人工関節置換術は、ひざ関節全体をチタン合金やポリエチレンでできた人工関節に置き換える「全置換術」が主流です。全置換術を受ければ、多くの場合、ひざ痛がとれて歩けるようになり、日常生活で不自由しない程度にひざ関節の動きが回復します。しかし、全置換術ではひざを曲げる角度は限られ、正座ができるほどには動きが改善しません。また、手術時の切開が大きく入院期間も長いので、患者さんの負担が非常に大きい事が問題です。
そこで近年、変形が酷い部分だけを人工関節に置き換える「単顆(たんか)片側置換術(以下、片側置換術)」が広く行われるようになっています。片側置換術であれば、七センチ程度の皮膚切開で行うことができ、手術時間や入院期間、術後のリハビリテーション期間も短いため、患者さんの負担はかなり軽減されます。また、骨を削る量や出血、合併症を起こす危険も少ないので、術後の回復も早いという利点もあります。
片側置換術は、ひざ関節の内側、あるいは外側に軟骨のすり減りが限定している人、日常生活の活動が比較的少ない人、体重が軽い人、高齢の人に適しています。
ただし、片側置換術は、長期的に見ると、手術をした反対側の関節に変形が生じやすいことが報告されています。また、全置換術の人工関節は耐用年数が20~30年ですが、それに比べれば片側置換術の人工関節の耐用年数はやや短く、再手術が必要になる可能性が比較的高くなります。こうしたことから、手術後に注意深く経過を観察していく必要があることも留意してください。
 
Q手術についての疑問
ひざ痛の手術は一度行ったら再手術が
必要になることはありますか?
 

変形性(しつ)関節症の手術のうち、まず、ひざの変形を根本的に正すものではありません。そのため、痛みがぶり返せば再手術が必要になる可能性があります。
また、高位(けい)骨骨切り術は、自分のひざが残っているので、手術後、年月と共に軟骨のすり減りが進行すれば再手術が必要になる場合があります。
こうした事態を防ぐには、ふだんからしっかりと運動を行い、ひざの周囲の筋肉を鍛えることが大切です。
さらに、人工関節置換術で最も心配なのは、細菌感染です。細菌が人工関節に付着すると、胆のう炎や膀胱(ぼうこう)炎、虫歯などの原因になり、深刻な場合には人工関節を入れ替える手術が必要になります。
そのほか、人工関節置換術では、人工関節の材料が劣化して再手術が必要になる可能性指摘されています。とはいえ、近年は材質やデザインの改善、手術主技の向上などにより、人工関節の耐用年数は延びていて、20年以上の良好な成績が報告されており、再手術の可能性は低くなっています。
手術を受けるさいには、手術の利点と欠点、手術後の日常生活上の注意点などを担当医からよく聞くようにしてください。
 
神経ブロック注射でも消えないひざ痛が
ある人は太ももに筋線維の硬いね
じれが見つかり、除けば続々快癒
 
手術で骨の異常を
除いても改善しない
 
ひざ痛を訴えて病医院の整形外科を受診すると、レントゲンやMRI(磁気共鳴断層撮影)などの画像検査が行われます。画像検査の結果、ひざ関節でクッションの役割を担っている軟骨のすり減りが進んでいれば「変形性(しつ)関節症」と診断されます。また、半月板と呼ばれる三日月状の組織に亀裂などが認められた場合は、「半月板損傷」と診断されることもあります。
これらのひざ痛では、まず保存療法(手術以外の治療法)を行うのが一般的です。保存療法は、鎮痛剤やヒアルロン酸注射といった薬物療法が中心となります。痛みが非常に強いときは、消炎効果の高いステロイド薬の短期処方や神経ブロック注射を行うこともあるようです。
保存療法を続けてもひざ痛が改善せず生活に著しい支障があれば、手術を検討します。手術では、ひざ軟骨のすり減りを促す(オー)脚を矯正したり、半月板の損傷を除いたりします。
ところが、手術後も痛みが十分に改善しなかったり、ひざ痛が再発したりする人が少なくありません。
これは、なぜなのでしょうか。
 
筋線維がねじれると
細長いしこりとなる
 
カイロプラクティック(骨格などのゆがみを手技で矯正する施術法)を行う私の治療院には、病医院の治療で改善しない難治のひざ痛に悩む人が数多く訪れます。このような人の場合、ひざ痛の原因は、骨の変形や軟骨のすり減りではなく、実は筋肉にあると考えられます。特に、立つ、座る、階段の上り下りなど、ひざを曲げ伸ばす動作に伴って現れる痛みは、筋肉の異常が影響していると考えられます。
そこで、難治のひざ痛を訴える人の太ももに触れると、硬くて細長い筋肉のしこりが見つかることがあります。このようなしこりは、筋肉を構成する筋線維がねじれたため生じるもので、実は、これこそがひざ痛を招く新の原因なのです。
筋線維の一本一本には柔軟性があり、それが束になることで強靭な筋肉になります。私たちが体を動かすときは、筋線維が収縮と弛緩(しかん)を繰り返して関節・骨を動かすことができます。
しかし、過度な運動や外傷などで筋肉に強い負担がかかると、筋線維がねじれて周囲の血流が悪化し、酸素不足に陥ります。その結果、筋線維が硬直し、細長い筋肉のしこりを形成してしまうのです。
細長い筋肉のしこりが生じると周囲の神経や血管が圧迫されます。そして、そこから知覚神経を通じて痛みの信号が脳に伝えられ、強い痛みの原因となるのです。ちなみに、こうした細くて長い筋肉のしこりを、専門的には「索状硬結」といいます。
 
細長い筋肉のしこり
は10センチにも及ぶ
 
筋線維の細長いしこりは、主に太ももやひざの後ろ側の筋肉に多発し、その長さは10センチに及ぶことも少なくありません。この状態を放置すれば、どんどん筋繊維のねじれが進んで筋肉がより固く硬直し、ひざ痛も悪化してしまいます。
こうしたことから、難治のひざ痛を改善するには、早期のうちに細長いしこりをほぐして筋線維のねじれを除くことが大切です。実際に、私の治療院で難治のひざ痛を訴える患者さんに筋線維を除く手技療法を行うと、その場でひざ痛が改善する人がたくさんいるのです。
次の記事では、細長いしこりをほぐし、筋線維のねじれを解消する方法について、くわしく説明していきましょう。
 
維のねじれは押しもみでは
除けず、三本指で長いしこりを
こする[ファスナーマッサージ]が有効
 
筋繊維を刺激して
血流を促すのが肝心
 
前の記事で述べたとおり、整形外科の一般的な治療でひざ痛が改善しない場合、太ももの筋繊維がねじれて細長い筋肉のしこりが生じていることが考えられます。
一般的に、筋肉のしこりを解消する場合は指で押したりもんだりしてほぐすのが基本です。しかし、細長い筋肉のしこりは、それだけでは効率的に除くことはできません。
筋繊維のねじれをほぐすには、筋繊維の流れに沿って刺激して血流を促すことが重要だからです。
そこで、筋繊維のねじれを発見・解消するために私がおすすめしたいのが、「ファスナーマッサージ」です。ファスナーマッサージとは筋繊維の細長いしこりを三本の指(人さし指・中指・薬指)でなでて、筋繊維のねじれを探してほぐす方法です。
ファスナーマッサージを行うときは、三本の指をやや曲げて指先をそろえてなぞります。つまり、ポリ袋についている一本のファスナーを指で閉めるようにマッサージを行うのです。
 
ロープが張ったよう
なしこりを探そう
 
では、ファスナーマッサージのやり方を述べていきましょう。まず、筋繊維のしこりを探すときは膝蓋(しつがい)骨(お皿)の上の15センチほどの範囲を三本指でなぞります。このとき、ピンとロープが張ったようなしこりがあれば、そこが筋繊維のねじれが生じている部分だと考えられます。
ひざの内側が痛む人は、内側広筋(太ももの内側の筋肉)や縫工筋(太もものつけ根からひざの内側に斜めに走る筋肉)、内転筋など、太ももの内側からひざのかけての筋肉に長いしこりができている可能性が高いといえます。
また、ひざの外側が痛む場合は、外側広筋(太ももの外側の筋肉)に長いしこりがある可能性があります。さらに、ひざの前側に痛みがある場合は、ひざを支える最も重要な筋肉の大腿(だいたい)直筋の上を探してみましょう。
このほか、ひざの後ろ側が痛むなら、ひざの後ろを通っているハムストリングス(太ももの後ろにある大腿二頭筋などの筋肉)に細長いしこりが見つかります。
 
その場で痛みがらく
になる人もいる
 
細長いしこりが見つかったら、その部分を三本指でなぞっていきます。ひざの下から上へ、上から下へなぞるのを一回として、一〇回ずつ三本指にやや力を入れてなぞってください。
回数は一〇回刺激するのを一セットとして一日に二~三セット行いましょう。強い痛みが出ているときは、無理をせず、軽く指でさする程度にします。
実際、 ファスナーマッサージを行うと、その場でひざ痛がらくになったという人が少なくありません。続けていけば、細長いしこりが消えて筋繊維のねじれが解消し、筋肉が正常な状態に近づいて痛みが改善していくでしょう。

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ