東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


変形性股関節症の原因はレントゲンに写るとは限らない

レントゲンに原因が写るとは限らない
股関節痛(変形性股関節症)にさまざまな誤解がつきまとっているといえますが、中でも最も広く信じられている誤解であるのが、「股関節痛は、関節の軟骨の磨り減りが原因で起こる」という考え方でしょう。
股関節は、骨盤の寛骨臼(骨盤の外側にある丸くくぼんだ部分)に大腿骨頭(太ももの骨の先端部にある丸い部分)がはまり込んでできており、その間に摩擦をなくす役割を担う軟骨があります。
一般的には、この軟骨が磨り減ると痛みが起こる、あるいは軟骨が磨り減った状態で寛骨臼と大腿骨頭がぶつかると痛みが現れると考えられています。皆さんも、診察時に医師からレントゲン写真を見せられて、「ここの軟骨がすり減っているでしょう。だから痛みが出ているのです。」といった説明を受けたことがある人が非常に多いのではないでしょうか。
確かに、股関節痛の患者さんのレントゲン写真には、股関節の寛骨臼と大腿骨頭の間にもともと備わるすきまが狭まり、軟骨が減っているようすが写し出されます。これを根拠に、軟骨のすり減りが痛みを招いていると主張するのです。
しかし、本当にこの説明は正しいのでしょうか。実は軟骨や骨の表面には、痛みを感じるのに必要な神経がありません。その神経がない部分に痛みが起こるのは、理屈が通らないのです。
実際の症例を見ても、レントゲン写真で股関節の軟骨の減少が確認できるのに、痛みを感じていない人はたくさんいます。また、それとは反対に、軟骨には全く異常がないのに痛みを訴える人も多いのです。こうした誤解は、「痛みを引き起こす原因はレントゲン写真で見つけられる」という考え方からきているのではないかと思います。しかし、レントゲン写真には靱帯(骨と骨をつなぐ丈夫な線維組織)や関節包、筋肉といった軟部組織は写りません。つまり、これらに痛みの原因があれば、レントゲン写真では特定できないわけです。それにもかかわらず、レントゲン写真で確認できる異常から痛みの原因を特定しようとするため、軟骨のすり減りが痛みの原因と思い込むのではないかと考えれるのです。
 
足のかばいすぎは症状の悪化を招く
そもそも、私は「軟骨がすり減る」という表現にも疑問を感じています。軟骨が減少するのには、何も寛骨臼と大腿骨頭がこすれ合って磨耗するからではありません。軟骨が減るのは、関節全体を満たす関節液の循環が滞って軟骨に酸素や栄養が行き渡らなくなり、萎縮してしまうためです。こうした状態には、専門的に「軟骨軟化症」という名前をつけられています。軟骨がすり減るという表現は「痛いほうの足に体重をかけるのが怖い」という認識を植え付け、痛みがある足の筋肉や骨を衰えさせてしまう原因にもなってしまいます。これに関連して、もう一つ、よくある誤解を紹介しましょう。それは、「痛みがある足に体重をかけてはいけない」という考え方です。
股関節痛で歩くことすらママらならない状態なら、杖などを使って患部にかかる体重を適正レベルまで減らして負担を除くのは大切なことです。とはいえ、長い間、片方の足に体重をかけずにかばっていると、股関節を支える筋肉や足の骨を衰えさせることにつながります。こうなると、逆に股関節痛は悪化しやすくなります。可能な難易で痛みがあるほうの足に体重をかけたほうが、回復は早まるのです。
 
筋肉強化も逆効果になる場合がある
また、股関節に負担をかけずに足腰を鍛える方法として、プールでのウォーキングをすすめられた人も多いでしょう。しかし、これも逆効果になる場合があります。
股関節の形が正常ではなく、痛みを訴える患者さんにとって、筋力が高まるほど強い負荷のかかるトレーニングは逆に症状を悪化させる危険があります。
そもそも、一般的なプールウォーキングを行っても筋肉はそれほど鍛えられません。これまで述べてきたさまざまな誤解が生まれるのも、多くの人が股関節痛の真の原因に無関心であるからだと考えられます.では、股関節痛の真の原因とはなんなのでしょうか。それについて、次の記事で詳しく述べていきましょう。

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ