東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


メニエル病のめまい・耳鳴りや突発性難聴に関する原因と治療法

あなたはメニエル病の治療でこんな間違いしていませんか?

目が回る

耳の奥がざわつく

頭痛や吐き気がする

メニエル病に関するめまいや耳鳴り・難聴のトラブルを抱えている人は、年々、増加傾向にあります。
例えば力新堂治療院でも、ある日突然、片方の耳が聞こえにくくなる「突発性難聴」という病気をわずらい、
それに伴うめまいや耳鳴りなどがなかなか治らず、苦労されている方が数多くいらっしゃいます。

そして、本来は、これらの症状を改善できる治療法があるにもかかわらず「年のせいだからしょうがない」「薬で適当にごまかすしかない」と、治すことをあきらめてしまっている患者さんが少なくありません。
なぜなら、治療にあたるお医者さんでさえ「原因不明」「これ以上よくならない」と伝えてしまう現実があるからです。

めまいや耳鳴りの治療にあたっては「原因不明」であるとか「これ以上よくならない」という諦めを、まずは見直さなければなりません。世の中に存在するほとんどの病気には、必ず何かしらの原因があり、しかるべき治療法があるからです。

めまいや耳鳴り・難聴で耳鼻咽喉科を受診するのは間違い!?

あなたの耳に何らかの異常が現れたら、どこで診てもらいますか?耳の症状なのだから耳鼻咽喉科を受診する人がほとんどではないでしょうか?この最初の判断は間違っていません。ただし、診察する側の医師が、患者さんが耳鳴りや難聴を訴えているからといって、耳という器官しか診ないのであれば、それは場合によっては不十分な治療になってしまうおそれがあります。症状が出ている場所とその症状を引き起こしている原因が、必ずしも同じ場所にあるとは限らないからです。

めまいや耳鳴り・難聴の多くは「耳」か「脳」の障害に起因することが分かってきています。ただし、耳か?脳か?で受診するべき病院はまったく異なります。ポイントがずれた治療を進めると、なかなか治らないばかりか、症状の悪化も招きかねません。そこであなた自身も自分の症状をある程度見極めておくことが大切です。
では耳鳴りやめまいの原因について探っていきましょう。

めまいの症状3つのタイプ

・ぐるぐる目が回る「回転性めまい」
・フワフワとふらつくような「浮動性めまい」
・クラクラっとする「立ちくらみのようなめまい」

の3つのタイプに分けられます。
一般的に回転性のめまいは耳の障害で起きることが多く、浮動性のめまいは脳の障害、立ちくらみのめまいは血圧の変動など全身性の病気である事が多いとされています。ただし、めまいの症状だけで病気を断定することはできません。脳の障害でも回転性めまいが起こることがあります。また、嘔吐や吐き気を伴うような激しいめまいであっても、必ずしも危険な病気とは限りませんが、逆に軽いめまいでも命に関わる病気が潜んでいる場合があるのです。

めまいが起こったときに大切なのは、めまいと同時に何か他の症状が起きていないかをチェックすることです。
その点に注意してめまいのタイプを見ていきましょう。

周りの景色がぐるぐる回る
こんなめまいは”耳の障害”

目が回って立っていられなくなったり、周りの景色がグルグルまわって見えたりする
「回転性めまい」の多くは、耳の障害が原因と考えられます。
私たちの耳には、音を聞く働き(聴覚)とともに、カラダのバランスを保つ働き(平衡感覚)があります。
まっすぐ立ったり、歩いたり、転倒しないようにバランスをとることができるのは、耳に平衡器官が備わっているからです。そのため、耳に何らかの障害が生じると、平衡感覚が乱れて回転性のめまいを引き起こします。

耳の障害による回転性めまいは激しい発作のことが多く、吐き気や嘔吐を伴うことも特徴です。
ただし、手足のシビレや意識障害などの神経症状は起きません。
また、耳の中で平衡器官と聴覚器官は隣合っているため、耳の障害で起きるめまいは、耳鳴りや耳が詰まった感じ、難聴といった耳の症状を併発することがよくあります。

体がふわふわふらつく
浮動性のめまいは”脳の障害”

脳の血管がつまる脳梗塞、脳に腫瘍ができる脳腫瘍など、脳に何らかの障害が起きると体の平衡感覚を保つ働きを担っている脳幹や小脳の働きが悪くなり、めまいの症状が現れやすくなります。
脳の障害で起きるめまいの多くは、体がフワフワとふらつく感じや、グラグラ揺れて姿勢を保つのが難しくなる
「浮動性めまい」です。ただし小脳のの部分的な障害によって回転性めまいを生じることもあります。

浮動性めまい自体の症状は軽いため、あまり危険な病気には感じられませんが、放っておくと命に関わる事があるので注意が必要です。特に、めまい発作に加えて、激しい頭痛や意識障害、手足のしびれ、顔面マヒ、物が2重に見える、舌がもつれるといった神経症状を伴う場合は、重大な脳の障害が疑われるサインです。
一刻も早く、脳神経外科や神経内科を受診されるといいでしょう。

立ちくらみのような
クラクラめまいは”全身性の障害”

立ちくらみを起こしてクラクラっとしたり、目の前がくらくなったりするめまいは、主に全身性の病気で起こります。例えば、高血圧や起立性低血圧、貧血などでは、血圧が急激に変動して、脳に送られる血流量が不安定になることでめまいを生じます。

また糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病は動脈硬化を悪化させ、脳の血管に血流障害を起こします。
その結果、立ちくらみのようなめまいが現れることもあります。めまいに加え、頭痛や肩こり、イライラなど、いくつもの症状が同時に起こっている場合は、自律神経失調症であったり、女性の場合では更年期障害の症状としてめまいが起きていることが考えられます。

最近では、どこにも病気は見当たらないものの、過労や睡眠不足、精神的なストレスによる心因性のめまいを訴える患者さんも増えています。心因性のめまいは回転性や浮動性など一定ではなく、不眠や食欲不振などさまざまな不調を伴うのが特徴です。

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ