東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


ホルモンと自律神経の関係性について

ホルモンは100種類以上あり、多種多様な役目を果たしています。なかでも重要なのが、体内環境と臓器を安定的に保つホメオスタシス(恒常性)の維持があり、これによって人間のカラダはホルモンを安定的に必要な場所に届けており、バランスが崩れたら元に戻そうという機能が働きます。

カラダには、ホルモン以外にもホメオスタシスに関わる仕組みとして自律神経系があります。自律神経は交感神経と副交感神経からなり、交感神経はカラダを活動モードに、副交感神経は活動モードに切り替えてくれます。

ホルモンと自律神経という2つのシステムを用意してホメオスタシス(カラダの働きのバランス)をキープしているのは、両者の特徴を使い分ける必要があるから。

ホルモンは化学物質。血液に溶けて情報を伝えるからスローレスポンスであり、分単位から時間単位で臨機応変に作用する。一方の自律神経系は電気信号を用いるため秒単位で作用するクイックレスポンスが特徴なのです。

カラダは状況に応じてスローとクイックという2種類のシステムを巧みに使い分けながら、ホメオスタシスを維持しているのです。
そして、ストレスなどの原因でこのスローとクイックのバランスが崩れてもカラダに不調をきたしてしまうのです。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ