東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


あなたは睡眠不足ではありませんか?

日本人の睡眠時間はどのくらいでしょう。高度成長期の1960年代とリーマンショック後の現代、日本人をとりまく経済は大きくかわってきています。日本の皿ローマンは、この時代に一生懸命働いて日本の発展を支えました。いろいろなものも便利になりました。洗濯機や冷蔵庫といった「シロモノ家電」だけでなく、パソコン、携帯電話など、情報量も手軽に入手できるようになってきました。さて、いったい日本人は1960年代と現代ではどちらがたくさん眠っているでしょうか?

日本人の睡眠時間については、NHKが1960年から5年毎に詳細な調査をしています。NHK国民の生活時間調査といって、日本人の男女、各年代の人たちが1週間の中で何時頃に何をしているのか。たとえば、通勤時間は何時間くらいで何時頃に家をでるのか?食事はどうか?などをしらべるわけですが、なぜNHKがこのような調査をするかというと、どのような年代の人が何時頃にテレビの前に座っているのかを調べるためです。

そして、その年代の人たちの興味のあるTV番組を、もっとも的確な時間帯に放送するのです。
もちろん、生活時間の中には何時に床にはついて何時に起床するのかということも入っています。

この調査をみて驚くべきことは、1960年の調査から、最も最近の2010年の調査の間、50年間に日本人の睡眠時間は59分間も短縮しているということです。これは日本人がこの間に眠らなくてもいいように進化したとうことではありません。色々なことが便利になったにもかかわらず、情報量が多くなり、より長く働くために結果睡眠時間がみじかくなってしまったと解釈した方がいいようです。実際に、それぞれの年代の人たちの睡眠時間をみてみると男女とも40代の睡眠時間は非常に短いものです。

一般的に、睡眠時間はあまり短いと寿命も短くなるといわれています。9時間以上長く眠っている人の寿命も短いと言われていますが、これについては身体的な何らかの問題があって、長く眠る結果になっている可能性があり、もともと長く眠る人が長生きするために7〜8時間程度の睡眠にするのがよいかどうかはわかりません。しかし、一般的には6時間よりも睡眠時間が短い人は睡眠不足といってもよいでしょう。

睡眠不足かどうかは、いくつかの方法でわかります。まず、週末の睡眠時間が長いかどうかです。睡眠不足であれば当然週末に長寝をしてゆっくりということにもなりますし、睡眠時間が足りている人は、意外に土曜日、日曜日いつも通りに起きて、仕事や趣味をやったりするのです。

もうひとつ大事なことは、日中の眠気です。慢性の睡眠不足の人は、多くの場合毎日の生活がこんなものであると考えています。自分は、睡眠時間はこのくらいでもやれていると思うわけです。しかし、もし出先から会社に帰る時に電車に乗り、席が空いていたらすわって一眠りをしようと思うようであれば、これは日中の眠気があると考えてもよいかもしれません。もし、睡眠が十分に足りていれば、席に座ったとしても、そこでスマートフォンやパソコンを広げたり、書類をだして仕事のまとめをする気力がでるものだったりするからです。
実はその前に15分程度の昼寝が大事だったりもするわけですが、今回はそれは置いておきまして・・・

とにかく、十分な睡眠時間をとっていれば、日中の覚醒レベルは上昇し、集中力が維持され、意欲が上がって、仕事の能率は上がります。そうすれば、短時間に仕事を終えることができ、その分自分の余暇の時間が生まれ、十分な睡眠時間を確保できるわけです。一方で、睡眠時間が短いと、昼間の覚醒度は低下し、集中力や意欲も低下して、仕事の能率は下がります。ダラダラと過ごす時間が多くなってしまうわけです。例えば、今日中に終わらせなければならない仕事がある場合に、ギリギリに駆け込みで仕事をして遅く帰宅し、また睡眠時間が減少するという結果になってしまのです。

もちろん睡眠時間は個人によっても違います。したがって、十分といわれている時間眠っていても、上記のような問題が起きてしまうこともあります。そういう場合は、自律神経の調節がうまくいっておらず、眠りの時に副交感神経に切り替わりずらく、眠りが浅くなってしまっている場合があったりします。

その原因としては、生活の中でのストレスや運動不足、体の冷えなどが考えられます。
いずれにせよ、良い睡眠をとるにはストレスを発散し、自律神経をうまくコントロールしながら良い睡眠を得るようにするのが、将来においても日々においてもの健康の第一歩になるわけです。

眠りが浅くてどうしようもない、どこへいっても改善しないという場合はいつでもお気軽にご連絡ください。



更新

<< 前の記事 次の記事 >>

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ