東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


腰痛は年のせいってホント?

厚生労働省が行っている「国民生活基礎調査によれば」、入院していない、普通に生活している人がもっている症状は、男性では第1位が腰痛、女性では第2位が腰痛で、全体で最も多いのが腰痛です。年代別にみると、腰痛は加齢とともに増えていき、高齢になれば5人に1人は腰痛持ちということになります。

そうした腰痛の多くに加齢に伴う背骨の変化がかかわっているのは確かですが、それだけでは説明がつきません。
腰痛の現れる背景は複雑で、人それぞれの原因があります。日常生活で、腰に大きな負担のかかる作業をしていたり、長時間同じ姿勢で座り続けているのも、腰痛の原因となります。肥満は腰にかかる負荷を大きくするのに加え
お腹が出ると重心がずれて背骨に無理がかかります。

運動不足も、腰を支える筋肉が弱って、背骨の負担が増す原因になります。さらに、痛みの感じ方には心理面のかかわりも大きいため、ストレスもまた腰痛の原因となります。こうした要因がある人は腰痛も起こりやすくなるのです。

背骨のどんな加齢変化で腰痛が起こってくるのか?
椎間板がつぶれたり、椎骨が変形したり、椎間関節の連結が不具合になったりと、さまざまな組織の変化が原因になります。腰椎を支える筋肉の衰えや、腰が曲がった姿勢によって起こる腰痛もあります。加齢にともなって起こる腰椎の病気では、これらがいくつも重なっていることもよくあります。

背骨の老化は20〜30才代から始まります。誰でも老化を避けて通ることはできませんが、だから腰痛がおこるのは年のせいというものではありません。もし、痛みがあるのに整形外科でヘルニアではない、腰椎には問題ない
けれど痛いという方は年齢に関係なく改善可能な当院へお気軽にご連絡ください。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ