東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


「腰痛症」にはヘルニアや狭窄症などいろいろ原因がある

腰痛が起こる病気はたくさんあり、内臓などの病気として起こることもありますが多くは腰椎に何らかの問題が生じていると考えられます。若い年代ではけがやスポーツ障害が主な原因ですが、しだいに背骨の加齢変化(変性)による病気が出てきます。腰椎の病気で最も多いのは、背骨の老化によって起こるこの加齢性(変性)疾患です。

背骨の加齢性疾患の基盤となっているのが椎間板の変性です。椎骨の間にはさまってクッション役をはたしている椎間板は、加齢とともに徐々に弾力が低下し、組織に傷みが生じてきます。椎間板は一度壊れたら元には戻りません。突然起こる椎間板ヘルニアも、多くはこうした椎間板の変性を基盤に起きてきます。

変性が進むとともに椎間板は薄くなり、椎骨や椎間関節にかかる負担がおおきくなります。加齢とともに骨自体も弱くなっているので、すり減ったり変形したりしてきます。中高年の腰痛の原因となる、変形性脊椎症、変形すべり症、変性側弯症・後弯症、腰部脊柱管狭窄症などはこうして起こってきます。

腰痛の原因となる主な病気と症状
ぎっくり腰・・・ささいなきっかけで突然発症。動けなくなるほどの激しい腰痛
腰椎椎間板ヘルニア・・・まえかがみになるとつよくなる腰痛、坐骨神経痛
変形性脊椎症・・・慢性腰痛で、朝おきたとき、動き始めに痛みが強くなる
脊椎分離症・分離すべり症・・・腰まわりの鈍痛で、後ろにそらすと強くなる。すべりが起こると坐骨神経痛
腰椎変性すべり症・・・脚や腰の痛み、しびれ、間欠跛行(歩くと痛みやしびれが出るが、休むとまたあるける)
変性側弯症・後弯症・・・側弯症では腰痛、坐骨神経痛。後弯症ではまっすぐ立って歩けなくなる。
脊柱靭帯骨化症・・・衝撃が加わると急激に症状が現れる
腰部脊柱管狭窄症・・・腰をそらすと痛む。坐骨神経痛、間欠跛行
骨粗鬆症による脊椎骨折・・・突然、腰背部が激しく痛む。あるいは頑固な腰痛が続く
脊椎腫瘍・・・痛みがしだいに強くなる。安静時にも痛む
脊髄腫瘍(馬尾腫瘍)・・・坐骨神経痛。痛みがしだいに強くなる。
化膿性脊椎炎・・・腰や背中の激しい痛み、高熱をともなう
結核性脊椎炎・・・腰や背中の鈍い痛み、微熱が続く
心因性腰痛・・・ストレスが多い。自覚症状と画像診断や身体所見が一致しない

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ