東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


原因不明の腰痛でも治療はできるのか?

腰痛を訴える人が病院へ受診した場合、診察での医師の所見と画像検査の所見が一致すれば、「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」といったはっきりした病名がつきます。しかし、腰痛にかかわる要因は多岐にわたります。実際には、腰椎に加齢変化は見られてもそれが腰痛の原因かどうかがはっきりせず、筋力の低下、生活状況、ストレスなどのかかわりが考えられるような場合が少なくありません。それらが複合的にからんでいることもあるでしょう。

そのような原因を特定しにくい腰痛を、専門的には「非特異性腰痛」と呼んでいます。一般に「腰痛症」といわれてきたものにあたります。最近では、そのなかで心のストレスのかかわりが大きいものを「心因性腰痛」ととらえて、チーム医療で精神面のサポートをする試みなども出てきています。

心因性腰痛と診断されなくても、痛みがでる背景に精神面の要因がからんでいることもよくあります。非特異性腰痛の治療では、痛みを取る消炎鎮痛薬の使用や筋力を高める運動などとあわせて、ストレスの解消によっては、抗うつ薬などが役立つ事もあるそうです。実際、抗うつ薬が根本的な解決になっているかは疑問ではありますが・・・

腰椎以外も含めて病気の可能性をしらべても、特に原因となるような病気がないなら、むしろ心配のない腰痛といわれます。逆に診断名があっても名前が難しくて、一度聞いても覚えきれなければ、担当医の先生に頼んで神に書いてもらうとよいでしょう。

あわせて、骨に異常があるのか、椎間板なのか、神経に異常があるのかなど、椎間板ヘルニアとか脊柱管狭窄症とか、どの部分がどうなっている病気なのかを聞いておきましょう。それでも原因がわからず腰痛がとれない場合はいつでもお気軽に根本を解決し、腰痛をでなくする整体の当院へお気軽にお問い合わせください。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ