東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


ヘルニアの治療と手術方法について

大阪のヘルニアが得意な整体
力新堂治療院の鈴木です

ヘルニアとは臓器などが本来あるべき位置から外にはみ出した状態のことを言います。ヘルニアになる部位は腹部周辺や脳など多岐にわたりますが、その中でも患者数が多いのが椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアは、腰椎と腰椎の間にある軟骨が変形し、本来あるべき位置から一部がはみ出してしまった状態のことを言います。はみ出した組織が神経に触れてしまうことで腰や足などに痛みやしびれなどの症状が出てしまいます。

このような症状がでた場合に受診する医療機関は整形外科となります。
治療法は軽度の場合は保存療法で経過を見ることが多くなっています。痛みを取るための消炎鎮痛薬や筋弛緩薬が処方され、安静にして過ごすことが求められます。

保存療法を行っても症状が軽減されない場合や、体に麻痺が出たり排尿障害などの症状が出ているような場合には手術療法が行われます。

手術方法はいくつかの方法があります。
一般的には背中側から切開をし、ヘルニア部分を切除する方法で行われます。しかし、場合によっては骨を金具で固定をするなどの方法が取られることもあります。
最近では内視鏡下で手術を行っている医療機関も増えてきています。内視鏡手術は、切開と比べると傷口が小さくて済むため、患者の体への負担が少ないというメリットがあります。そのため、術後の早い段階でリハビリに取り組むことができます。ただし、内視鏡手術はカメラに映しだされた患部の映像を見ながら処置をすると言う方法なので、医師にも熟練した技術力が求められます。そのため、実績のある医療機関を選ぶことが重要となります。
 
椎間板ヘルニアは、急に重たいものを持つなど腰に負担がかかることで発症することが多くなっています。日常生活の中では、立ち上がったり座ったりと何気なく行っている動作には椎間板が重要な役割を果たしています。そのため日々大きな負担がかかっているとも言えます。普段の生活の中でなるべく腰に負担がかからないように気を付けることが大事になります。
なお、急激な腰痛の症状が出た場合、全てが椎間板ヘルニアとは限りません。中にはぎっくり腰などのように筋肉の捻挫や挫傷などの場合もあります。原因によって治療法は異なるので医療機関での診断が重要です。

以上、椎間板ヘルニアの手術に関して述べさせていただきましたが、実際に椎間板ヘルニアの治療として手術された方で多いのが、結局、手術をしたけれど痛みやしびれがあまり改善しなかったという例です。これは残念ながら多いです。そして根本的には何も解決されてませんので、また別の場所で椎間板ヘルニアが起こったりします。

椎間板のヘルニアで手術の前にどうにかしたい、どこへいっても改善しなかったという方はいつでも気軽に力新堂治療院へご相談ください。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ