東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


椎間板ヘルニアの部位によって変わる症状

ヘルニアの中でも、運動などのスポーツやお仕事での負担により発症するのが、椎間板ヘルニアです。原因は、脊椎への大きな負担や加齢のため、椎間板が変形してしまうことが挙げられます。このような状態になると、椎間板の弱い部分が裂けて、髄核が飛び出してしまいます。この飛び出た髄核が、神経根を圧迫して神経痛や麻痺を生じるのです。

また、飛び出た場所によりでてくる症状に違いがあり、後方へ飛び出た場合には脊髄圧迫症状、後側方に飛び出た場合は神経根症状が生じます。加えて、どこの神経根がダメージを受けるかによって、痛みや麻痺がでてくる部位も変わってきます。
 
例えば、頸椎椎間板ヘルニアにおいて、C5神経根では三角筋や上腕二頭筋反射の低下、C6神経根では上腕二頭筋に加え手首の伸筋と腕橈骨筋腱反射の低下、C7神経根では上腕三頭筋腱反射の低下、C8神経根では指の屈筋の低下、T1神経根では指の内転、外転の低下がそれぞれ起こります。

また、腰椎椎間板ヘルニアにおいては、L4神経根では膝伸展力の低下と膝蓋腱反射の低下、L5神経根では腱反射は正常ですが足の指の背屈力の低下、S1神経根では足外反と足底屈力の低下やアキレス腱反射の低下がみられます。そして、椎間板ヘルニアの症状にはこれらに加え知覚の低下がありますが、どこの神経根が圧迫されているかによって、発現する場所が違ってくるのです。
 
整形外科においてはこのようなヘルニアの治療は、まず保存療法が行われます。なるべく安静を保つことで症状が緩和するのを待つと同時に、痛みが強い場合には疼痛を緩和する薬剤を投与します。そして、牽引をしたり麻痺やしびれなどで思うように動くことが難しくなってしまった場合には、リハビリ目的の理学療法が行われます。しかし、これらを行っても効果がない場合は、頸椎の場合前方除圧固定術を、腰椎の場合はラブ法と言われるヘルニア髄核摘出術などが行われます。
 
また、腰椎の場合はコルセットを装着することで症状が良くなる場合もあるためコルセットの使用と、日常生活で負荷がかからないようにすることが必要といわれたりもします。加えて、腰痛体操と呼ばれる運動を行うことで適度な筋力をつけることも推奨されており、病院では看護師がその指導を行っています。

が、しかし整形外科で色々してみたけど、、、鍼灸や整骨院へ行ってみたけどイマイチよくならない、という方は椎間板ヘルニアが得意な当院へいつでもご相談ください

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ