東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


椎間板ヘルニアについて

椎間板ヘルニアは腰痛の原因としてよく挙げられるものです。椎間板という名前からも想像ができるように、その症状が起こり得る範囲は頭から腰までと幅広いものとなっています。その中でも腰にその症状が起こるケースが多いことから、腰痛がその代名詞のような存在になっているのです。

人の体を支える中心となっている背骨は24個の骨が積み重なった構造をしています。そして、それぞれの骨の間には椎間板と呼ばれる軟骨が挟まっています。この軟骨がちょうどクッションのような役割を果たしているのです。椎間板はこのように人の体を支えるために大きな役割を果たしているのですが、正常な位置をはみ出ることによって発症するのが椎間板ヘルニアです。

背骨には脊柱管と呼ばれる空間があって、その間を神経が通っています。通常の場合であれば、椎間板がこの脊柱管にまで達することはないのですが、何らかの原因によって椎間板がこの脊柱管にまではみ出してしまうと、脊柱管の中を通っている神経を圧迫してしまうのです。これが腰の部分であれば腰痛という症状となって表れます。腰痛ばかりではなく、下半身にかけてのしびれという症状を訴えるケースもあります。患者さんが感じる自覚症状はその度合いによっても様々です。

腰や背中に凝りを感じやすくなるという程度のものもあれば、腰を前に曲げること自体が難しかったり、曲げると痛みやしびれを感じることもあります。酷くなると歩くことさえ困難なレベルにもなります。こうなってしまう原因の多くは重いものを持ち上げるような背骨に負担をかける行為にあります。また椎間板は加齢による老化で弾力性が失われる性質があるので、それも椎間板ヘルニアを引き起こす要因となります。

予防措置としては、背骨に負担をかけないために腹筋や背筋を日頃から鍛えておくことが大切になります。椎間板ヘルニアになってしまった場合には整形外科などで牽引治療などを行うことになります。これはヘルニアになっている部分を物理的に引っ張って症状を改善するための方法です。また低周波治療を行うこともあります。これらの保存療法で良くなるケースは多いのですが、改善が見られない場合は椎間板の髄核を摘出する手術が行われます。

どこへいっても椎間板ヘルニアがよくならないという方はいつでも力新堂治療院へご相談ください

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ