東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


腰椎椎間板ヘルニアとぎっくり腰の治療法の違いについて

重い物を持ち上げた時や何気ない動作をした時に、腰に強い衝撃を感じる場合があります。この時感じた痛みとして考えられるのは、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアが挙げられます。どちらもふとした拍子に発生するものであり、強い痛みを伴うため医療機関を受診する必要があります。そしてそれぞれ治療方法が異なるため、痛みが発症した時の状態や位置を詳細に伝えていただく必要があります。

ぎっくり腰はそのままの状態で固まってしまい、次の動作がほとんどできなくなります。座る・歩く・走る・立ち上がる等、全ての動作に制限が出てしまうため、非常に厄介な痛みでもあります。けれども適正な治療と対処方法、ある程度の時間が経てば再び元の生活を取り戻す事が可能です。時間と正しい治療が痛みを取り除いてくれるため、比較的安心できる症状でもあります。

一方で椎間板ヘルニアは、衝撃により椎間板の一部が突き破り神経を圧迫する状態となります。常に神経を刺激している状態になるため、日常生活の何気ない動作でも痛みを伴います。またぎっくり腰と異なり、一度突き破ってしまうと修復される事は無いため、治療には2つの選択があります。1つ目は外科手術によりヘルニア治療を行う事です。突き破ってしまった状態を元通りにする手術であるため、安心して受ける事ができますが、手術をしてみたはいいものの痛みやしびれがあまり改善しなかったり、また別の部位で繰り返してしまったり、神経付近を触る手術であるため覚悟も必要となります。

2つ目は定期的に注射する事です。ヘルニア部分に直接注射する事で痛みを取り除く事ができます。注射直後は痛みで多少のしびれはありますが、時間とともに消滅します。とても大きな注射となり、逆にしびれが残ってしまったり、本質的な解決にはなっておらず、人によっては副作用が出る可能性もあるため、治療には本人の意思が大事となります。

どちらの治療にしても、どのような方法で改善を目指すのかキチンと医師に聞く事が大事です。不安な点や気になる点がある状態で治療を行っても、満足いく内容とならない可能性もあるため、事前確認はとても重要となります。ヘルニアはズキンとして痛みが全身に走る衝撃があります。針に刺されているような強い痛みであるため、症状は深刻になる場合もあります。足にしびれや痛みが広がったり、重い物を持つとつるようになる等の症状が見られたら早期に医療機関を受診する必要があります。

手術やブロック注射などでヘルニアの症状をごまかすのではなく、ヘルニアになっている原因から取り除いて改善したいかたは
いつでも当院へご相談ください。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ