東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


椎間板ヘルニアが再発する人の特徴

椎間板ヘルニアに悩まされている人は多いです。
腰痛の原因で最も多いもので、腰の部分の背骨の椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨これを椎間板と呼びますが、これが一部飛び出してしまい(飛び出すことをヘルニアと言います)神経を圧迫する事により発症します。
これにより、腰や足に痛みや痺れを引き起こすのです。
坐骨神経痛という名前もよく聞きますが、坐骨神経痛というのは症状の事であり坐骨神経痛という病気はありません。
椎間板ヘルニアの症状として坐骨神経痛があるという事になります。
発症の原因についてですが、姿勢や動作といった日常生活の他に体質や骨格なども関係しています。
椎間板は座ったり、前かがみになったりといった動作によって体重の2.5倍ほどの圧力が加わるとされていて、これの繰り返しにより椎間板が変性して発展した物と考えられています。
椎間板ヘルニアの診断には理学的所見と画像診断とを合わせて行います。
膝を伸ばした状態で下肢が何度上がるかを診たり、X線撮影、MRI検査、CT検査、脊髄造影、椎間板造影、神経根造影などで診断するという事です。
椎間板ヘルニアと診断された場合の治療法についてですが、大きく分けて保存療法と手術療法があります。
保存療法は激しい痛みがある場合にその痛みを抑える局所麻酔やステロイドの注射を行う「神経ブロック注射」や、非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋弛緩薬を使って痛みを抑える「薬物療法」の他、筋肉を強化したり牽引したりする「理学療法」があります。
基本的にはこの様な保存療法を行うのが一般的です。
しかし、保存療法を行っても痛みがとれない場合や、排尿排便に障害がある場合など日常生活に支障がある場合には手術療法になります。
手術療法は、背中側から切開しヘルニアを切除する「後方椎間板切除術」が基本です。
椎間を金属で固定する「椎間固定術」は、後方椎間板切除術と同時に行う場合もあります。
「経皮的椎間板療法」というものもあります。
内視鏡による治療ですが、レーザー使用などの場合は保険が適用されません。
しかし、傷跡が小さいというメリットがあります。
ヘルニアは再発する可能性もあるものなので、治療後も予防や再発防止に注意が必要です。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ