東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


腰椎椎間板ヘルニアについて

本来あるべき位置から椎間板が飛び出し、神経を圧迫することにより痛みやしびれなどの症状を引き起こすことを「椎間板ヘルニア」と言います。腰痛を訴える人の2割程度がこの腰椎椎間板ヘルニアを発症しているとも言われています。
症状としては、どの部分の椎間板が飛び出しているかによっても異なります。
治療法は、大きく2つに分けることが出来ます。それが、手術を行う方法と、手術を行わない方法です。手術を行わない場合には、安静治療や投薬治療が行われます。また、マッサージや鍼治療などが選択される場合もあります。いずれの場合も根本的な原因を取り除くことは出来ないため、対症療法ということが出来ます。
痛みやしびれが強い場合や様々な治療を施しても改善が見られないという場合には、手術が行われます。
手術はその手法によりいくつかの種類に分けることが出来ます。従来から行われている方法としては、皮膚を切開し、飛び出している椎間板を切り取るという方法です。この時、必要以上に大きく椎間板を削りとってしまうと、クッションとしての役割を十分に果たせなくなるため、痛みが生じるようになる可能性もあります。また、手術方法にもよりますが、術後には1ヶ月程度のリハビリを必要とする場合もあります。
そして、新しい治療法として注目を集めているのがレーザーによる治療です。これは、椎間板に針を刺し、そこにレーザーを照射することで椎間板に小さな空洞を作るというものです。その空洞は時間の経過とともに縮小します。椎間板の空洞が収縮することで、神経の圧迫を軽減させることが出来ます。従来の方法とは異なり、局所麻酔で済むことや皮膚を切開する必要がないことから、体への負担が少なくて済みます。
椎間板ヘルニアの予防・再発防止のためには、腰への負担を減らすということが大切になります。
同じ姿勢を取り続けたり、急に重たいものを持ち上げるなどの行動は腰に負担を掛けることになりますので、適度にストレッチをするなどすることが大切になります。また、体重の増加は腰に掛る負担を増やすため、適正体重を維持するように心掛けましょう。急激な運動は体に負担を掛けるため、注意が必要です。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ