東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


本当に椎間板ヘルニアは手術で治るのか?

大阪のヘルニアに強い整体
力新堂治療院の鈴木です。

椎間板ヘルニアになると痛みやしびれといった症状が出ることから、これまで普通にできていたことができなくなってしまうこともあります。中には歩くことすらできずに学校や仕事を休まなければならないということもあるのです。
この治療方法は様々なものがありますが、今大変注目をされているものがレーザーを用いた椎間板ヘルニア治療です。中には椎間板ヘルニア専門の医療機関もあり、大変な人気を集めています。
レーザ―を使用することで得られる最大のメリットは、患者さんの体にかかる負担が非常に少ないということです。傷口もほとんど残らないので、女性であっても手術を行うことに負担を感じにくくなり安心して臨むことができます。そして日帰り手術ができるので、入院をして仕事を休むといった事態になることを避けることが可能なのです。
こういった理由からレーザー治療は精神的な負担も減らすことができるとして、多くの人がこの方法を選択しています。ただし、この治療方法はすべての椎間板ヘルニア患者に適用されるものではないので注意が必要です。また保険適用外であるため切開手術と比較した場合、その診療代金が高くなることを知っておかなければなりません。
レーザーによる椎間板ヘルニアの治療は、レーザーで組織蒸散を行うというものであり椎間板に針を刺してレーザーを放出させるというものです。照射をすることによって飛び出ているヘルニアを引っ込ませることができるので、痛みやしびれの原因を取り去ることができます。
局所麻酔をしてから針を通すので、痛みを感じることはなく背中の方から針を入れるので恐怖心を軽減することが可能です。しかしレーザーを照射して椎間板ヘルニアを治すには高い医療技術が必要となることに加えて、確かな診断や豊富な経験も求められます。整形外科のドクターであれば誰しもが簡単に行うことができる、といったものではないのでこの治療を行っている医療機関はまだ少数となっているのです。
レーザーを使った治療であれば、切開手術のように術後のリハビリも必要ありません。手術当日は安静にしていることが求められますが、翌日からは入浴や歩行などが可能で1週間もしないうちに座位での仕事に励むことができるというケースもあります。

しかしながら多いのが、手術をしても痛みやしびれが残ってしまったり、何年後かに別の箇所でヘルニアが起こってしまうということです。なぜ、そういうことが起こってしまうのかというと、結局ヘルニアになる原因、すなわち姿勢や関節のゆがみ、そしてその不良な状態からくる悪い運動パターンがどんどんとヘルニアになる素因をつくっていきますが、それを取り除けていないからまた繰り返してしまうという状態になるのです

全てひっくるめて改善したいという方はいつでもお気軽に力新堂治療院へお問い合わせください

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ