東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


股関節とインナーマッスルの関連性について

体幹と下半身をつなぐ「股関節」
 
●股関節は人間の体でもっとも重要な関節のひとつ
 
次に、体幹部上半身、下半身のつながりについて見ていきましょう。
上半身と体幹部は肩甲骨を通じてつながっていますが、一方の下半身は、股関節を介して連動しています。
股関節は、骨盤や太ももの骨である大腿骨をはじめ多くの筋肉から成り立っています。また肩と同じ球関節なので、屈曲や内転、外旋など多種多様な動きができるのも大きな特徴です。人間の体の中でも、もっとも重要な関節のひとつといえます。
さらに股関節は、脊柱や骨盤と連動して動くため、体幹部と密接なつながりがあります。たとえば、イスに座って股関節を屈曲する(折り曲げる)場合は、まず骨盤と体幹を安定させる腹横筋や多裂筋(たれつきん)(背中の一番深いところについている筋肉で、脊柱起立筋同様に背骨を支える役割を担う)などのインナーマッスルが動きます。そこから股関節を動かす腸腰筋が作用し、最後に太もも前部にある大腿四頭筋が反応するのです。股関節を中心に、体幹との深い関係性を理解していただけると思います。
 
●股関節をしなやかに動かせると、体幹全体の機能性も高まる
 
しかし、股関節とその周辺にあるインナーマッスルがうまく連動しなければ、日常動作に支障が出ます。足をうまく引き上げられず、歩行がスムーズに行なえない。(かが)んだ際、股関節近辺に軽い痛みを感じる。これらの症状が出る方は、股関節の動きが悪くなっている証拠です。
特に腸腰筋は骨盤を介さずに、脊柱と大腿骨をつないでいる筋肉です。股関節を屈曲させたり、伸ばす際に脊柱を安定させる働きがあります。そして腸腰筋をはじめ、お尻の大臀筋などをストレッチでほぐし、体幹トレーニングで強化すると、股関節をしなやかに動かせるようになり、体幹全体の機能性も高まっていきます。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ