東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


なぜ姿勢の維持にインナーマッスルは必要なのか?

インナーマッスルの重要性
 
●2種類で構成される人間の筋肉
 
人間の筋肉は、表層と深層の2種類で構成されています。
ひとつは体の表面にあり、鍛えたことが見た目にもはっきりとわかるアウターマッスルもうひとつが体の深部にあり、脊柱などの重要な骨を支えているインナーマッスル。なかでも、体幹強化で重要な役割を果たすのが、深層筋と呼ばれるインナーマッスルです。
 
●筋肉には鍛える順番がある
 
なぜインナーマッスルの強化が重要なのでしょうか。体幹部は姿勢保持に大きな役割を果たしています。体幹部の筋肉よって、脊柱を正しく、まっすぐにキープすることで、人間は正しい姿勢を維持します。このとき大きく作用するのが、脊髄に沿うように発達し、脊柱を支える役割を果たすインナーマッスルの脊柱起立筋と多裂筋(P51)です。この筋肉がきちんと強化され、しっかりと機能すれば、正しい姿勢を保持できます。また、皆さんには、正しい姿勢に矯正すると体の不調が改善することを知っていただきたいと思います。結果として、腰痛予防やスポーツのパフォーマンスアップにもつながっていきます。
よって体幹トレーニングを行う際には、これらの脊柱起立筋をはじめとするインナーマッスルの強化から始めていきましょう。
アウターマッスルもパワーやスピードを生み出す重要な筋肉です。しかし体幹トレーニングに限っていえば、インナーマッスルのあとです。インナーマッスルを強化し、体幹部の基礎工事を終えてからアウターマッスルのトレーニングに入るのが、KOBA式です。
インナーマッスルには他にも、太ももを引き上げる際に作用する腸腰筋や、内臓を包むように位置し、背骨を安定させる複横筋などがあります。これらの重要な筋肉を意識してまずトレーニングに臨みましょう。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ