東大阪で話題のソフトな施術なのに驚くほど効果がある整体であなたのつらいヘルニアや頭痛・痛みしびれを改善します!

力新堂治療院


片頭痛の女性は妊娠しやすいって本当?

大阪で頭痛改善当たり前の整体をしている
力新堂治療院の鈴木です

本日は

片頭痛の女性は妊娠しやすいって本当?
 
についてご説明していきます。

「片頭痛の女性は妊娠しやすい」
「片頭痛の患者さんは子どもが多い」
これは、頭痛の専門医の間では、昔からいわれていることです。
正確にいえば、これはエストロゲン性の片頭痛の患者さんに限定したお話です。

「毎月のように片頭痛の発作で寝込むのに、妊娠しやすいってどういうこと?」
とあなたは思われるかもしれません。
しかし、これには医学的にきちんと根拠があるのです。先日の記事でエストロゲン性頭痛のメカニズムは女性ホルモンの変動が引き金になると申し上げました。この変動によって、子宮や卵管、卵巣の機能が変化するのであって、妊娠のためには欠かせないものです。

基礎体温を測定するとわかるように、妊娠可能な女性の体は高温期と低温期の二相性になっています。具体的には月経から排卵日までが低温期。そこを境に月経までは高温期になります。低温期を支配しているのが主にエストロゲンであり、高温期はプロゲステロンであることはみなさんすでにご存じの通りです。

「妊娠を考えるなら、まずは基礎体温をつけなさい」
とはよくいわれることですが、この2つのホルモンが月経リズムにともなって、きちんと分泌されていること、その証としての基礎体温がきちんと二相性になっている人ほど、妊娠しやすいことは医学的にも知られています。

逆にこのリズムが整っていない方では、妊娠がしづらいのですが、一方でエストロゲン性の片頭痛はほとんど起こらないといっていいでしょう。

つまり、こう考えると、女性に片頭痛が多いのはある意味、子孫繁栄のために組み込まれたメカニズムであり、避けられないことともいえるでしょう。片頭痛があることは、女性ホルモンのリズムが健康であることを意味します。これを知ると、やっかいな片頭痛も、前向きに考えられるというものです。
幸い、エストロゲン性の片頭痛は頭痛の前に目の前にキラキラとした光があらわれる「閃輝暗点(せんきあんてん)」(後述)などの前兆が起こりにくい頭痛です。また、痛みは重症化することが多く、予防薬が効きにくいためトリプタン以外にも鎮痛剤などを必要とすることがあります。

頭痛外来や鍼灸院・整骨院へ通ってもなかなか改善しないという方はいつでもお気軽にご連絡ください。

力新堂治療院のご案内

住      所:
〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F
アクセス:
近鉄 布施駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-7174-9357
受付時間:
10時~13時/15時~21時
定休日:
日・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ